© 2018 合同会社ゼリコ・フィルム ©zelicofilm, LLC  All Rights  Reserved.

『レイズライン』

「謎は謎なりに残しつつ、歪んだ都市伝説が一つに収束するラストには参りました。

身近な中央線がこんな不思議な世界に描かれるとは驚きです。

“バルカン超特急”“痴漢電車”にも匹敵する、電車内映画でしたね」

               (映画評論家・宇田川清一/「レイズライン」評)

みちのく国際ミステリー映画祭オフシアター部門グランプリ

インディーズ・ムービー・フェスティバル準グランプリ

TAMA NEW WAVE ビデオ部門 特別賞

 

幻のインディーズ映画 

『レイズライン』

 Ley's Line

(2002年)

みちのく国際ミステリー映画祭オフシアター部門グランプリ

インディーズ・ムービー・フェスティバル準グランプリ

TAMA NEW WAVE ビデオ部門 特別賞

 

 

同じ沿線に住みながら、“どうしても会えなくなった”一組の男女。

そこに秘められた意外な真実とは!?

自殺、事故、事件が絶えない、世界有数の呪われた路線・中央線を舞台に、すれ違い、皮肉な運命に翻弄される愛の行方を、路線に蠢く奇妙な人間模様を絡めながら描いた、オカルティック・ラブストーリー。

 

多部未華子主演の「こわい童謡」などの監督や、堀北真希、水川あさみで映画化された「渋谷怪談」シリーズの原作・脚本、ニンテンドーDS「トワイライトシンドローム 禁じられた都市伝説」などで知られる福谷が、放送作家時代に執筆したシナリオを素に、全編を中央線の駅や列車内に限定してゲリラ撮影を敢行。

 

ドキュメントタッチでありながら、都市伝説や夢幻ファンタジー、異色ラブストーリーとの融合を試みた独自の展開が、映画祭の審査員だった行定勲監督や、当時インディーズ映画に参加していた人気作家、乙一氏らから賞賛された。

スタッフでは、後に映画「リアル鬼ごっこ」で大ヒットを飛ばし、実写版「がっこうぐらし!」も話題の柴田一成監督がプロデューサーを務め、「悪の華」などの撮影監督、早坂伸が新人時代にカメラを担当。

俳優には、「少林少女」のプロデューサーをはじめ、アクション監督や演出、さらには武田梨奈を発掘、ブレイクさせたことで知られる西冬彦ら、現在プロで活躍する面々が多数参加している。

中でも、列車が空から落ちてくるシーンなど、斬新なCG、VFXで評判を集めたのは、当時からインディーズ・アニメで内外から注目され、現在は「イノセンス」のデジタルエフェクトや「みんなのうた」の監督など、プロのアニメーション作家として活躍する坂本サク。

​福谷とはその後も数々の作品でコラボし、新作として、坂本が原作・監督を務め、福谷がプロデュースするアニメ映画「アラーニェの虫籠」が2018年公開している。

<CAST>

金子梅華

高藤健五

祖父江唯

西 冬彦

<STAFF>

監督・製作・原作・脚本・編集/福谷修

プロデューサー/柴田一成

撮影監督/早坂伸

VFX・CG・音楽・ビジュアルデザイン/坂本サク

イメージフォト/渡辺茂史

音源クリアランス/藤原もりじ

 

 

オリジナル主題歌 

千の小鳥「辺境」

 

製作/ゼリコ・フィルム

<映画公式Facebook>https://www.facebook.com/leysline/